スナックdeカラオケnavi

全国カラオケ事業者協会


「カラオケ自粛」の正しい解釈について

 「まん延防止等重点措置」実施に伴う政府「基本的対処方針」について、「カラオケ設備の利用自粛」が強調された報道を多々見受けます。ただ、この「カラオケ自粛」との報道は、対処方針の一部のみ切り取った内容と言え、以下に正しい解釈(下段下線部)を記します。

 令和3年4月1日に変更となった「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」では、「いわゆる昼カラオケ等でクラスターが多発している状況に鑑み、法第24条9項に基づき、飲食を主として業としている店舗において、カラオケを行う設備を提供している場合、当該設備の利用自粛を要請すること」(https://corona.go.jp/expert-meeting/pdf/kihon_h_20210401.pdf) /24頁)と昼カラオケに関する記載事項が加わりました。

 しかしながら同日発表の政府「事務連絡」(基本的対処方針に基づく催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項について)に、「なお、本事務連絡では、いわゆる昼カラオケ等でのクラスター事例が多発していることから、例えば、昼営業のスナック、カラオケ喫茶等における設備の利用自粛等を想定しており、カラオケボックス等への要請を想定するものではないことに留意されたい」(https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_20210401.pdf /4頁~5頁)との記載がある通り、クラスター事例が現在多発しているカラオケ喫茶や昼営業するスナックに対してカラオケ設備の利用自粛を求めるものであり、カラオケボックスや昼営業以外のスナックについて利用自粛を求めるものではありません。

 カラオケボックスは、これまでにクラスター発生履歴の無い、換気能力に優れた歌唱施設です(https://www2.karaoke.or.jp/covid-19/digest_movie.php) 。また、「ガイドライン実施宣言ステッカー」掲示店(https://www2.karaoke.or.jp/guideline/checklist/information.php) は、ガイドラインに基づく感染予防対策を実践する安全・安心な歌唱施設や店舗です。コロナ禍では新しい生活様式として、マスク常時着用の上、日々の健康増進にカラオケをお役立てください。

2021年4月2日

一般社団法人 全国カラオケ事業者協会